木野 茂

名前 木野 茂
カナ キノ シゲル

プロフィール

1941年、大阪生まれ。理学博士。大学教育学会代議員。 1964年、大阪市立大学理学部物理学科卒業。 1966年、同大学大学院理学研究科修士課程を修了後、同年より同大学理学部教員。 1971年より公害調査や被害者支援にも取り組み、環境問題の教育・研究を開始。 1983年より大阪市大自主講座を開校。 1987年から大阪市立大学評議員。以後、大学教育改革およびFDの推進に携わる。 1994年より「双方向型授業」を開始。 2003年、大学教育研究センターに異動し、副所長。 2005年、大阪市立大学を定年退職。同年より立命館大学教授。教養教育センター副センター長を努め、双方向型授業の開発を続ける。 2015年、立命館大学を定年退職。 2016年度は立命館大学と大阪市立大学で非常勤講師。 主な著書: 『環境と人間―公害に学ぶ』(東京教学社、1995年。2001年に新版) 『大学授業改善の手引き――双方向型授業への誘い』(ナカニシヤ出版、2005年) 『大学を変える、学生が変える――学生FDガイドブック』(ナカニシヤ出版、2012年)など。