内部告発の力

公益通報者保護法は何を守るのか

内部告発の力

公益通報者保護法が成立した。国内外の事例・制度を紹介し、内部告発者保護の真髄を説く。

著者 奥山 俊宏
ジャンル 社会問題
出版年月日 2004/04/21
ISBN 9784877982010
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

米英では告発者を守るシステムが進む中、日本では法律がやっとできた段階だ。国内外の事例・制度を紹介し、内部告発者保護の真髄と必要性を説く。
第1部 事件の発覚は内部告発

1 三菱自動車工業クレーム隠し事件?長年の悪習、見破る方法、電話で指南
2 社会保険事務局と健保組合幹部の癒着事件?「打ち首」の宣告
3 東京電力原子力発電所ひび割れ隠し事件?カリフォルニアから届いたデータシート
4 映画『インサイダー』になった米タバコ事件?和解金三〇兆円に貢献した元副社長
5 ペンタゴン・ペーパーズ事件?呼びかけ続けるエルズバーグ博士

第2部 内部告発者保護の制度と思想  

7 アメリカの政府による内部告発者保護?仕組みの模索と進化   
8 アメリカの社会による内部告発者保護?歴史と取り組み    
9 イギリスの公益開示法?日本がお手本にしようとした微妙なバランス
10 日本は公益通報者保護法案へ?何を守るのか、何が議論されたのか
   
資料◎公益通報者保護法案

ご注文

1,900円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2017.05.16 イベント

 <刑事弁護実務セミナー第2回> LGBTと刑事弁護

2017.05.12 NEWS

免田事件——7月で、初の死刑再審無罪から34年

2017.04.18 PR

「季刊刑事弁護89号」- 朝日新聞「LGBT司法から支える」2017年4月11日

2017.04.18 PR

『つくられた恐怖の点滴殺人事件』民医連医療書評 - 2017年5月号

2017.04.13 NEWS

【解説】「共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明(2017年2月1日)」

2017.04.13 重版

オンデマンド版発売[新着情報]

2017.04.10 NEWS

小森榮先生のご逝去を悼む

2017.04.09 NEWS

季刊刑事弁護 各号の特集一覧

2017.04.09 NEWS

季刊刑事弁護 各号のもくじ

2017.04.07 NEWS

和歌山カレー事件で、鑑定人に対して損害賠償を求めて提訴

2017.04.03 PR

『人質司法に挑む弁護』自由と正義書評 - 2017年3月号

2017.03.21 書店向け

『入管訴訟マニュアル[第2版]』宣伝フライヤー

2017.03.21 NEWS

第14回季刊刑事弁護新人賞授賞式開催

2017.03.17 NEWS

最高裁、GPS捜査について初の違法判断

2017.03.15 PR

月刊弁護士ドットコム「今月の関連書籍」で『コンメンタール可視化法』紹介。

2017.03.15 書店向け

『事例で学ぶ障がいのある人の意思決定支援』宣伝フライヤー

2017.03.14 書店向け

『非行少年のためにつながろう!』宣伝フライヤー

2017.02.23 イベント

『非行少年のためにつながろう!』装画家・個展のご案内

2017.01.30 重版

重版出来『弁護のゴールデンルール』11刷

2017.01.16 NEWS

決定!第14回季刊刑事弁護新人賞

2017.01.12 PR

月刊弁護士ドットコム・「新人弁護士におくる分野別オススメ書籍30」で推薦された本

2017.01.12 PR

『もう話そう私と巻原発住民投票』新潟日報書評

2017.01.05 NEWS

『刑事弁護ビギナーズver.2』補遺

2017.01.05 PR

『刑事司法改革と刑事弁護』自由と正義書評

2016.12.21 NEWS

メールマガジンのご案内

2016.12.20 NEWS

季刊刑事弁護 モニター募集

2016.10.20 NEWS

季刊刑事弁護 新人賞募集

2015.12.01 NEWS

『季刊刑事弁護』が第3回守屋賞を受賞