新刊

交通事故加害者家族の現状と支援

過失犯の家族へのアプローチ

交通事故加害者家族の現状と支援

交通事故加害者家族の実態調査を基に、家族への影響を分析し、その問題点と対策を検討する。

著者 阿部 恭子
草場 裕之
ジャンル 法律 > 刑法 > 実務書
出版年月日 2016/08/26
ISBN 9784877986476
判型・ページ数 A5・152ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

NPO法人WorldOpenHeart(以下WHO)による交通事故加害者家族の実態調査を基に、交通事故を起こした場合、家族にどのような影響が及ぶのかを分析したものである。近年、「加害者家族」をテーマとした学術書なども出版されるようになったが、本来犯罪より身近な問題である交通事故の加害者家族に焦点を当てた先行研究は未だ存在していない。

 第1章では、交通事故加害者家族102人の相談データから、交通事故加害者家族の傾向と問題点を明らかにする。WHOの調査によれば、交通死亡事故を起こした加害者の5%が自責の念から自殺に至っており、残された家族もさらなる自責の念から鬱病になるなど加害者側の家族の悲惨な現状が明らかとなっている。

 第2章では、事故の影響が家族にどのように及ぶのか、第1節では加害者との関係性に焦点を当て、第2節では被害者との関係から、加害者家族が抱える葛藤について事例を基に検討する。

 第3章では、事故の責任を巡って、家族が法的責任を問われる可能性について事例を基に検討する。最近では、未成年者が起こした事故の監督責任について、自転車事故の損害賠償請求で高額な賠償額が認められる傾向にある。社会的議論を呼んだ平成28年3月1日の認知症患者の事故について家族の監督責任が争われた最高裁判決は、今後、認知症の高齢者が起こした事故にどのような影響を与えるのか。認知症が疑われるドライバーのいる家族からの相談は年々増えている。さらに、宇都宮地判平成25年4月24日のてんかん患者によるクレーン車事故判決では、成人の子どもをもつ親としての法的責任(共同不法行為)が認められた。その後も、てんかん患者による交通事故は起きており、どのような影響を与えるのか。さらに、法的責任がないという場合であっても、道義的責任を果たすために家族はどのようなことができるのか、加害者家族の体験から検討する。

 第4章では、1〜3章の検討を踏まえて、交通事故加害者家族への支援の在り方と、加害者家族の実態から見えてきた交通事故の予防的観点からの対策の必要性について検討する。

 本書は、事例を多く掲載しており、交通事故加害者家族となってしまった当事者の指南書にもなりうるものである。その他、司法関係者、保険会社等、交通事故の紛争処理に関わる関係者に、「加害者家族」という新たな視点からの事故とその影響を理解するための教本となるとともに、交通安全指導や交通刑務所の贖罪指導のなかにも取り入れられていく教材となれば幸いである。

第1章 交通事故加害者家族の現状

第1節 交通事故加害者家族の実態調査
1 実態調査の目的と方法
2 交通事故加害者家族の実態
3 交通事故加害者の実態
第2節 交通事故加害者家族へのアプローチ
1 過失犯の家族
2 交通事故加害者家族支援の意義

第2章 交通事故加害者家族の心理
第1節 役割に悩む家族
1 配偶者が起こした事故
2 婚約者が起こした事故
3 子どもが起こした事故
4 家族間で起きた事故
第2節 被害者対応に悩む家
1 被害者と加害者の逆転
2 被害者との関係に悩む加害者家族
3 被害者との関係修復

第3章 交通事故加害者家族の責任
第1節 家族の責任とは何か
1 運転をさせた家族の責任
2 未成年の子どもが起こした事故の責任
3 持病のある家族が起こした事故の責任
4 認知症の家族が起こした事故の責任
第2節 加害者家族の償い
1 家族としての償い
2 償いとは何か

第4章 交通事故加害者家族の支援
第1節 交通事故加害者家族支援とは
1 加害者家族支援とは何か
2 加害者家族支援の変遷
3 交通事故加害者家族支援とは何か
4 支援の流れ
第2節 具体的支援
1 ホットライン(窓口)
2 法的支援
3 心理的支援
4 社会的支援
第3節 交通事故の予防的観点からの支援
1 事故の検証と家族の問題を見直すことの重要性
2 社会的課題

【コラム】
書籍紹介『交通刑務所の朝』――日常に潜むリスク
映画紹介『私の、息子』(ルーマニア、2013年)
判例紹介「認知症事故判決」―― 家族の責任をめぐる判決

ご注文

2,200円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2017.07.20 イベント

『なんで、「あんな奴ら」の弁護ができるのか?』装画家・個展のご案内

2017.07.13 NEWS

「接見禁止撲滅キャンペーン」レポート募集

2017.07.10 NEWS

季刊刑事弁護 各号のもくじ

2017.07.07 NEWS

自民党憲法改正推進本部、「緊急事態条項」を議論

2017.07.05 NEWS

大崎事件再審開始決定で、検察側は不服として即時抗告

2017.06.28 重版

オンデマンド版発売[新着情報]

2017.06.21 NEWS

「季刊刑事弁護新人賞」支援のお願い

2017.06.20 NEWS

治療的司法研究センター設立

2017.06.09 イベント

犯罪学研究センター公開研究会(第4回)7/14

2017.06.06 イベント

えん罪を生まない捜査手法を考える 6/18

2017.06.06 イベント

「共生社会を創る愛の基金」第6回シンポジウム 7/1

2017.06.06 イベント

治療的司法研究センター設立記念講演会 6/10

2017.06.05 イベント

6.11映画上映会&シンポジウム 上原裁判と司法の在り方を考える

2017.05.16 イベント

 <刑事弁護実務セミナー第2回> LGBTと刑事弁護

2017.05.12 NEWS

免田事件——7月で、初の死刑再審無罪から34年

2017.04.18 PR

「季刊刑事弁護89号」- 朝日新聞「LGBT司法から支える」2017年4月11日

2017.04.18 PR

『つくられた恐怖の点滴殺人事件』民医連医療書評 - 2017年5月号

2017.04.13 NEWS

【解説】「共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明(2017年2月1日)」

2017.04.10 NEWS

小森榮先生のご逝去を悼む

2017.04.09 NEWS

季刊刑事弁護 各号の特集一覧

2017.04.07 NEWS

和歌山カレー事件で、鑑定人に対して損害賠償を求めて提訴

2017.04.03 PR

『人質司法に挑む弁護』自由と正義書評 - 2017年3月号

2017.03.21 書店向け

『入管訴訟マニュアル[第2版]』宣伝フライヤー

2017.03.21 NEWS

第14回季刊刑事弁護新人賞授賞式開催

2017.03.17 NEWS

最高裁、GPS捜査について初の違法判断

2017.03.15 PR

月刊弁護士ドットコム「今月の関連書籍」で『コンメンタール可視化法』紹介。

2017.03.15 書店向け

『事例で学ぶ障がいのある人の意思決定支援』宣伝フライヤー

2017.03.14 書店向け

『非行少年のためにつながろう!』宣伝フライヤー

2017.02.23 イベント

『非行少年のためにつながろう!』装画家・個展のご案内

2017.01.30 重版

重版出来『弁護のゴールデンルール』11刷

2017.01.16 NEWS

決定!第14回季刊刑事弁護新人賞

2017.01.12 PR

月刊弁護士ドットコム・「新人弁護士におくる分野別オススメ書籍30」で推薦された本

2017.01.12 PR

『もう話そう私と巻原発住民投票』新潟日報書評

2017.01.05 NEWS

『刑事弁護ビギナーズver.2』補遺

2017.01.05 PR

『刑事司法改革と刑事弁護』自由と正義書評

2016.12.21 NEWS

メールマガジンのご案内

2016.12.20 NEWS

季刊刑事弁護 モニター募集

2016.10.20 NEWS

季刊刑事弁護 新人賞募集

2015.12.01 NEWS

『季刊刑事弁護』が第3回守屋賞を受賞