新刊

人質司法に挑む弁護

勾留からの解放

人質司法に挑む弁護

厳選した29事例について解説。実際の事例のドキュメントや流れに則した手続き案内、書式集も。

著者 東京弁護士会期成会明るい刑事弁護研究会
ジャンル 法律 > 刑事法 > 実務書
シリーズ 期成会実践刑事弁護叢書
出版年月日 2016/10/12
ISBN 9784877986490
判型・ページ数 A5・216ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

好評だった『保釈をめざす弁護』から10年。被疑者・被告人を拘束から解放するための多くの弁護士の働きにより、従前よりは保釈が認められやすくなったともいわれる。しかしまだ弁護士にできることはある。前作以降の事例を多く集め、その中から厳選した29事例について解説。その他にも、実際の事例のドキュメントや、手続きの流れに則した手続き案内、書式集などにより、弁護士として何ができるかがよくわかる。

○ドキュメント勾留請求却下事件
○被疑者・被告人の身体拘束解放手続案内
○勾留・保釈Q&A
○勾留・保釈をめぐる動き
○事例集
○書式集
○インタビュー:ろくでなしこさんに聞く勾留生活

■ドキュメント●勾留請求却下事件
1.窃盗未遂事件
2.強制わいせつ致傷事件
3.出入国管理法違反事件
コラム 勾留請求却下を求める際の,土日休日の対応方法
コラム 被疑者補償規程について
コラム 事例紹介:外国人の保釈と入管手続

■被疑者・被告人の身体拘束解放手続案内
1.接見に臨むにあたって
2.拘束からの解放にむけて ―― 勾留前
3.拘束からの解放にむけて ―― 勾留後
4.保釈
5.保釈保証書発行事業の紹介
6.各種書面の提出先
コラム 「保釈保証書発行事業」開始までの経緯――韓国を見習え
コラム 「保釈保証書発行事業」の課題

■勾留・保釈 Q&A
Q1 被疑者の家族から逮捕直後に相談を受けました。まず,何をすべきでしょうか。注意点がありますか。
Q2 被疑者を勾留させないための活動はどこに,どのようにすればよいでしょうか。
Q3逮捕の翌日または2日後に被疑者に面会しようとしたら,検察官へ送致されて留置場で会えないことが判明しました。このような場合に面会する方法はありますか。また,勾留質問で裁判所へ連行されている場合はどうでしょうか。
Q4 勾留後に検討すべき手続はどのようなものですか。
Q5 勾留延長について準抗告をする場合の留意点は何ですか。
Q6 留置場に勾留されている被疑者について,勾留場所の変更を求めることができますか。
Q7 勾留状謄本を入手するのに2,3日かかりますが,素早く勾留理由を知る方法はありますか。
Q8 接見禁止の決定がなされるのはどのような場合ですか。また,接見禁止の内容を知る方法と,争い方についても教えて下さい。
Q9 接見指定が許されるのは,どのような場合ですか。また,どのように対処したらよいのでしょうか。
Q10 接見に赴いたら「取調べ中」であるとして接見を拒否されました。このような場合の対処方法は何かあるのでしょうか。
Q11 留置場に夜間接見を申し込んだら「執務時間外」といって拒否されました。このような場合の対処方法は何かあるのでしょうか。
Q12 拘置所に夜間接見を申し込んだら「執務時間外」といって拒否されました。このような場合の対処方法は何かあるのでしょうか。
Q13 取調べのために検察庁に押送された被疑者と,検察庁で接見をすることはできますか。
Q14 勾留理由開示を請求すれば,どのような効果が期待できますか。
Q15 保釈許可請求の際,準備するものは何ですか。保釈許可請求書には,どのような理由を掲げどのような資料を添付する必要がありますか。権利保釈が原則である以上,裁量保釈については触れなくてよいと考えてよいでしょうか。
Q16 起訴後に保釈許可請求をしました。裁判官面接の前に検察官の意見を知っておくにはどうすればよいでしょうか。
Q17 保釈保証金の相場はいくらですか。また,保証金納付の手続はどのように行いますか。
Q18 保釈保証金がすぐに用意できなかった場合に何か方法がありますか。保釈保証金が不足するとき,弁護人が立替えたり,保証書を差出すことに問題はありますか。
Q19 保釈許可請求の不許可決定に対して準抗告する場合,どの程度詳しく理由を書くのでしょうか。また疎明資料を添付すべきでしょうか。
Q20 検察官が再逮捕をほのめかしているときに,保釈許可請求をすべきですか。
Q21 保釈の許可条件は,どのようにして付されるのですか。不当な条件をあらかじめ防止することは可能でしょうか。
Q22 保釈中の長期出張や海外旅行は許されますか。
Q23 第1審で実刑判決が予想されるとき,再保釈を得るにはどのような準備をしておくべきですか。
Q24 第1審で実刑判決が出た場合,再保釈請求書で強調すべき事由は何でしょうか。

■勾留・保釈をめぐる動き
1.2009年以降の勾留・保釈(司法統計より)
2.2009年以降の勾留・保釈実務の動向(犯罪白書より)
3.最高裁判例の動向
4.まとめ

■事例集
収載事例一覧
【事例1】泥酔した被疑者が消防車を蹴って損壊し,消防士らの職務の執行を妨害したとされた事案について,勾留延長請求が却下された事例
【事例2】保釈許可決定に対する準抗告が,罪証隠滅行為に出る現実的可能性はそれほど高いものとはいえないなどとして棄却された事例
【事例3】住居侵入罪で勾留決定がなされたが,勾留決定に対する準抗告が認容され,被疑者が釈放された事例
【事例4】勾留が併存する事件で保釈が許可された事例
【事例5】同一被害者に対し痴漢行為を繰り返していた被告人に対し,電車区間の一部利用禁止を保釈条件として保釈が許可された事例
【事例6】全面否認していた被疑者に対し,電車区間の一部利用禁止を条件に準抗告が認容された事例
【事例7】権利保釈の認められない殺人事件について,公判前整理手続における予定主張記載書面提出後,公判開始前に保釈請求が許可された事例
【事例8】否認事件ではなかったが,証人尋問が終了した後にようやく保釈が認められた事例
【事例9】高齢の生活保護受給者による暴行事件において,保釈が許可された事例
【事例10】傷害事件において,飲酒による回想不能な部分がある旨の供述をしていたものの,勾留請求が却下された事例
【事例11】大学4年生が先輩男性に対して,ストーカー規制法に基づく警告を無視し,掲示板に書き込みをしたり,勤務先にメールをしたりした名誉毀損及びストーカー規制法違反事件において保釈が許可された事例
【事例12】商品の値札を付け替えてレジを通過する行為と万引き行為が同時に行われた詐欺・窃盗の事案について,保釈請求ですみやかに釈放された事例
【事例13】実刑判決の可能性が高かったが保釈が許可された事例
【事例14】同種前科のある万引き犯に保釈が許可された事例
【事例15】当初の勾留期間中に捜査を遂げるべきであったとして,勾留延長が取り消された事例
【事例16】保釈許可決定に対し,被告人の供述に食い違いがあることなどを理由としてなされた準抗告が棄却された事例
【事例17】強盗未遂事件において,勾留請求が却下された事例
【事例18】振り込め詐欺の否認事件において,保釈請求が許可された事例
【事例19】勾留延長決定に対する準抗告が認容された事例
【事例20】判決後の再保釈請求が却下されたが高裁で保釈が許可された事例
【事例21】全面的否認事件で約2年4カ月にわたる公判(第1審)の途中,起訴から,約1年半後に保釈が最終的に認められた事例
【事例22】捜査段階から一貫して犯行を否認しつつ示談を希望していた被告人について,同居していない兄が身元引受人になり保釈が許可された事例
【事例23】同種余罪がある事案で勾留延長決定に対する準抗告が認容された事例
【事例24】覚せい剤自己使用事件(初犯)について,共同使用した者との接触禁止を条件として保釈が許可された事例
【事例25】保釈許可決定に対する準抗告を棄却した事例
【事例26】運動員に対する買収を公訴事実とする公職選挙法違反被告事件で,公判前整理手続が採用されたが,第2回公判期日に検察官請求の最重要証人の証人尋問が終了した後,ようやく保釈が許可された事例(身体拘束期間1年)
【事例27】検察官立証後も保釈が許可されず,弁護側の立証計画発表後,条件付きで両罰規定により法人と共に起訴された代表取締役に6回目の保釈請求が許可された事例
【事例28】被害者不明のため示談不能の迷惑防止条例違反事件において,勾留請求が却下された事例
【事例29】児童買春(いわゆる援助交際)事件において,約半年前の出来事であることから犯行の具体的な内容について回想不能である旨の供述をしていたが,勾留請求が却下された事例
コラム 参考事例:保釈された者が逃亡したが判決確定までに解消された場合における保釈保証金没取の可否
コラム 参考事例:弁護人の証人テストに同席して証人予定者に直接話しかけ自己の意に沿うような証言をするよう圧力をかけた行為が保釈の面接禁止条件違反に該当するとして,保釈を取り消した原決定が維持された事例

■書式集
勾留の却下を求める
勾留決定に準抗告を申し立てる
勾留延長決定に準抗告を申し立てる
勾留の執行停止を求める
保釈を求める

[INTERVIEW]ろくでなし子さんに聞く勾留生活
起訴事実の概要
事件の経緯
インタビュー

ご注文

2,700円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2017.11.17 イベント

『性犯罪加害者家族のケアと人権』の著者・阿部恭子氏による講演会

2017.11.17 NEWS

決定!第15回季刊刑事弁護新人賞

2017.10.11 NEWS

季刊刑事弁護・単発論文デジタル版を販売開始

2017.10.10 NEWS

季刊刑事弁護 各号の特集一覧

2017.10.10 NEWS

季刊刑事弁護 各号のもくじ

2017.10.05 イベント

〈飯塚事件の再審を求める集会〉が、東京で開催

2017.08.18 イベント

刑事弁護実務セミナー第3回

2017.07.28 イベント

『なんで、「あんな奴ら」の弁護ができるのか?』原画のご紹介

2017.07.20 イベント

『なんで、「あんな奴ら」の弁護ができるのか?』装画家・個展のご案内

2017.07.13 NEWS

「接見禁止撲滅キャンペーン」レポート募集

2017.07.07 NEWS

自民党憲法改正推進本部、「緊急事態条項」を議論

2017.07.05 NEWS

大崎事件再審開始決定で、検察側は不服として即時抗告

2017.06.28 重版

オンデマンド版発売[新着情報]

2017.06.21 NEWS

「季刊刑事弁護新人賞」支援のお願い

2017.06.20 NEWS

治療的司法研究センター設立

2017.06.09 イベント

犯罪学研究センター公開研究会(第4回)7/14

2017.06.06 イベント

えん罪を生まない捜査手法を考える 6/18

2017.06.06 イベント

「共生社会を創る愛の基金」第6回シンポジウム 7/1

2017.06.06 イベント

治療的司法研究センター設立記念講演会 6/10

2017.06.05 イベント

6.11映画上映会&シンポジウム 上原裁判と司法の在り方を考える

2017.05.16 イベント

 <刑事弁護実務セミナー第2回> LGBTと刑事弁護

2017.05.12 NEWS

免田事件——7月で、初の死刑再審無罪から34年

2017.04.18 PR

「季刊刑事弁護89号」- 朝日新聞「LGBT司法から支える」2017年4月11日

2017.04.18 PR

『つくられた恐怖の点滴殺人事件』民医連医療書評 - 2017年5月号

2017.04.13 NEWS

【解説】「共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明(2017年2月1日)」

2017.04.10 NEWS

小森榮先生のご逝去を悼む

2017.04.07 NEWS

和歌山カレー事件で、鑑定人に対して損害賠償を求めて提訴

2017.04.03 PR

『人質司法に挑む弁護』自由と正義書評 - 2017年3月号

2017.03.21 書店向け

『入管訴訟マニュアル[第2版]』宣伝フライヤー

2017.03.21 NEWS

第14回季刊刑事弁護新人賞授賞式開催

2017.03.17 NEWS

最高裁、GPS捜査について初の違法判断

2017.03.15 PR

月刊弁護士ドットコム「今月の関連書籍」で『コンメンタール可視化法』紹介。

2017.03.15 書店向け

『事例で学ぶ障がいのある人の意思決定支援』宣伝フライヤー

2017.03.14 書店向け

『非行少年のためにつながろう!』宣伝フライヤー

2017.02.23 イベント

『非行少年のためにつながろう!』装画家・個展のご案内

2017.01.30 重版

重版出来『弁護のゴールデンルール』11刷

2017.01.16 NEWS

決定!第14回季刊刑事弁護新人賞

2017.01.12 PR

月刊弁護士ドットコム・「新人弁護士におくる分野別オススメ書籍30」で推薦された本

2017.01.12 PR

『もう話そう私と巻原発住民投票』新潟日報書評

2017.01.05 NEWS

『刑事弁護ビギナーズver.2』補遺

2017.01.05 PR

『刑事司法改革と刑事弁護』自由と正義書評

2016.12.21 NEWS

メールマガジンのご案内

2016.12.20 NEWS

季刊刑事弁護 モニター募集

2016.10.20 NEWS

季刊刑事弁護 新人賞募集

2015.12.01 NEWS

『季刊刑事弁護』が第3回守屋賞を受賞