新刊

もう話そう 私と巻原発住民投票

計画白紙撤回まで34年の回顧録

もう話そう 私と巻原発住民投票

東北電力が新潟・巻原発計画を白紙撤回してから13年。運動の中心にいた筆者がその住民投票運動の真の姿を伝える。

著者 高島 民雄
ジャンル エネルギー・環境
出版年月日 2016/11/18
ISBN 9784877986513
判型・ページ数 4-6・188ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

東北電力が新潟・巻原発計画を白紙撤回してから13年。町民の住民投票によって原発計画が断念されたのは、稀有な出来事と言ってよい。そこには、「巻原発・住民投票を実行する会」の粘り強い闘いがあった。その中心にいた筆者がその住民投票運動の真の姿を伝える。

第1章 私の巻原発反対運動史
 1 私が巻原発反対運動に関わった4つの時期 
 2 第一期--学生として原発反対運動に関わる 
 3 第二期--共有地主会での活動と町長選立候補 
 4 第三期--「住みよい巻町をつくる会」での運動

第2章 住民投票運動起こる
 1 住民投票運動誕生のきっかけとなった94年町長選
 2 「住みよい巻町をつくる会」との別れ、住民投票運動へ
 3 どのような住民投票でなければならないか
 4 「実行する会」の立ち上げと町当局、町民の反応

第3章 自主管理住民投票の成功と意義
 1 推進派の激しい妨害と不退転の闘い
 2 自主管理住民投票の成功とその要因
 3 自主管理住民投票の成功がすべて

第4章 条例に基づく住民投票の実現と投票結果
 1 佐藤町長の臨時町議会招集と流会
 2 町会議員選勝利と住民投票条例の成立
 3 原発推進派の住民投票条例無効化の策謀
 4 佐藤町長リコールと笹口町長の誕生
 5 住民投票の実施と結果

第5章 その後の運動の停滞
 1 笹口町政への失望
 2 坂下志町会議員のリコール

第6章 町有地買取りと裁判闘争
 1 99年4月25日の町議選
 2 なぜ町有地を買い取るのか
 3 町有地買取りのために克服すべき法律上の課題
 4 売買を極秘で行わなければならなかった理由
 5 推進派の提訴とわれわれの勝利
 6 2000年町長選挙--笹口再選

第7章 最後の危機--岩室村・潟東村との合併話
 1 寝耳に水の合併話
 2 合併阻止

第8章 最高裁の上告不受理と東北電力の撤退
 1 2003年町議選
 2 2004年1月18日町長選に向けて
 3 巻原発計画を白紙撤回した東北電力

〔資料1〕年表
〔資料2〕坂下志議員の公開質問に対する「実行する会」の回答書
〔資料3〕町有地訴訟--訴状(請求の趣旨と請求原因)
〔資料4〕町有地訴訟--答弁書

ご注文

2,000円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧