新刊

つくられた恐怖の点滴殺人事件

守大助さんは無実だ

つくられた恐怖の点滴殺人事件

看護師が点滴に筋弛緩剤を混入して患者を殺害したとした事件。難解な鑑定をかみ砕いて解説し、守さんの無実を浮き彫りにする。

著者 阿部 泰雄 編著
山口 正紀 編著
ジャンル 法律 > 刑事法 > 一般書
出版年月日 2016/12/27
ISBN 9784877986568
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

2001年、北陵クリニック(仙台市)の准看護師の守大助さんが患者5人の点滴に筋弛緩剤を混入して殺害したとして逮捕・起訴された。裁判では、弁護側は「事件や犯罪ではなく、患者の病変などにすぎない」として無罪を主張した。しかし、裁判所は、弁護側の医学・科学鑑定を完全に無視して有罪判決を下した。本書は、えん罪解明の決め手となる難解な鑑定をやさしくかみ砕いて解説し、守さんの無実を浮き彫りにする。

刊行に寄せて……鳥越俊太郎

第1部 捜査・報道の合作えん罪
第1章 幻の連続殺人事件——筋弛緩剤点滴はなかった………阿部泰雄
 1  はじめに
 2  「事件・犯罪」の大報道で始まった
 3  北陵クリニックとは
 4  「事件」の「発覚」の端緒はなにか
 5  北陵クリニックで、内部調査がなかった─「事件」と思っていなかった証し
 6  警察が連続筋弛緩剤事件とした理由
 7  筋弛緩剤の在庫不足の原因は
 8  北陵クリニックの経営事情の影響
 9  起訴5件について、事件・犯罪でないとみる理由
 10 自白の問題
 11 警察の鑑定とはどのようなものか
 12 再審請求における弁護側の課題と新証拠
 13 再審請求の申立てと検察・裁判所の対応
 14 捜査と裁判はなぜ誤ったのか
 15 本件再審事件の特徴と見通し

第2章 「筋弛緩剤点滴殺人事件」報道——冤罪を助長した警察情報の垂れ流し ………山口正紀
 1 はじめに
 2 報道が、読者・視聴者に「犯人」と信じ込ませた!
 3 逮捕で始まった「筋弛緩剤点滴殺人」報道
 4 捜査・公判・判決への疑問を指摘しない裁判報道

第2部 無実を明らかにした再審請求の新証拠——事件性なしを証明
第1章 筋弛緩剤は検出していない——確定判決唯一の証拠・警察鑑定はまちがい………志田保夫
 1 はじめに
 2 筋弛緩剤は検出していない
 3 機器(質量)分析とは何か

第2章 「筋弛緩剤中毒」という診断は誤り——女児の急変原因は「ミトコンドリア病」……… 池田正行
 1 はじめに
 2 誤診の原因について
 3 ミトコンドリア病の診断について
 4 おわりに

第3章 「守自白」は、虚偽——むしろ無実を証明している………浜田寿美男
 1 はじめに
 2 「被告人の法廷供述には信用性がない」とした基準
 3 「被告人の法廷供述が不自然、不合理」とする認定
 4 被告人が自白に追い込まれた理由
 5 おわりに

第3部 守大助さんの無実の訴えと支援の呼びかけ
 私は無実です 公平な裁判を求めて、頑張っています………守大助
 無実の守大助の母として多くのえん罪被害者と支援者とともに頑張ります………守祐子
 守大助さんは、明るくて責任感の強い人です………篠原幸子
 白衣の看護師・守大助さんを塀の外へ取り戻そう………草野照子

あとがき 執筆された方々に感謝しつつ守さんに贈ります………渡会興雄

表1 裁判経過一覧
表2 筋弛緩剤投与による「急変」疑い事例とされた20件の一覧


◎執筆者プロフィール(第1部・第2部)(執筆順)
阿部泰雄(あべ・やすお)
1947年生まれ。弁護士、仙台弁護士会所属。ひき逃げ冤罪事件である「遠藤事件」で、1989年に最高裁にて画期的な逆転無罪判決をえる。
著作:『僕はやってない!─仙台筋弛緩剤点滴混入事件 守大助勾留日記』(明石書店、2001年)、「北陵クリニック事件(仙台地決平26・3・25)事前通知のない抜き打ち棄却」(季刊刑事弁護79号)ほか。

山口正紀(やまぐち・まさのり)
1949年生まれ。ジャーナリスト、人権と報道・連絡会世話人。
1973年~2003年、読売新聞記者。1985年から報道による人権侵害をなくすための市民運動、冤罪・報道被害者の支援活動に参加。
著作:『ニュースの虚構 メディアの真実』(現代人文社、1999年)、『メディアが市民の敵になる』(同、2004年)、『壊憲翼賛報道』(同、2008年)ほか。
1997年から『週刊金曜日』人権とメディア欄に隔週連載中。

志田保夫(しだ・やすお)
1945年生まれ。1970年、東京理科大学理学部卒業。(元)東京薬科大学中央分析センター教授。農学博士。
著作:『これならわかるマススペクトロメトリー(共著)』(化学同人社、2001年)ほか。

池田正行(いけだ・まさゆき)
1956年生まれ。1982年、東京医科歯科大学医学部卒。1990年、英国グラスゴー大学ウェルカム研究所。2008年、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科教授。2013年、法務省法務技官・矯正医官。米国内科学会 (ACP)会員、総合内科専門医、神経内科専門医、医学博士。
著作:『食のリスクを問いなおす─BSEパニックの真実』(筑摩書房、2002年)ほか。
NHK総合「総合診療医ドクターG」出演並びに企画・編集・監修担当。

浜田寿美男(はまだ・すみお)
1947年生まれ。1976年、京都大学大学院文学研究科博士課程修了。奈良女子大学文学部教授。現在、奈良女子大学名誉教授、立命館大学特別招聘教授。
著作:『自白の心理学』(岩波書店、2001年)、『「私」とは何か』(講談社、1999年)、『虚偽自白はこうしてつくられる─狭山事件・取調べ録音テープの心理学的分析』(現代人文社、2014年)、『もう一つの帝銀事件』(講談社、2016年)、『名張毒ぶどう酒事件─自白の謎を解く』(岩波書店、2016年)ほか。

ご注文

1,700円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2017.07.20 イベント

『なんで、「あんな奴ら」の弁護ができるのか?』装画家・個展のご案内

2017.07.13 NEWS

「接見禁止撲滅キャンペーン」レポート募集

2017.07.10 NEWS

季刊刑事弁護 各号のもくじ

2017.07.07 NEWS

自民党憲法改正推進本部、「緊急事態条項」を議論

2017.07.05 NEWS

大崎事件再審開始決定で、検察側は不服として即時抗告

2017.06.28 重版

オンデマンド版発売[新着情報]

2017.06.21 NEWS

「季刊刑事弁護新人賞」支援のお願い

2017.06.20 NEWS

治療的司法研究センター設立

2017.06.09 イベント

犯罪学研究センター公開研究会(第4回)7/14

2017.06.06 イベント

えん罪を生まない捜査手法を考える 6/18

2017.06.06 イベント

「共生社会を創る愛の基金」第6回シンポジウム 7/1

2017.06.06 イベント

治療的司法研究センター設立記念講演会 6/10

2017.06.05 イベント

6.11映画上映会&シンポジウム 上原裁判と司法の在り方を考える

2017.05.16 イベント

 <刑事弁護実務セミナー第2回> LGBTと刑事弁護

2017.05.12 NEWS

免田事件——7月で、初の死刑再審無罪から34年

2017.04.18 PR

「季刊刑事弁護89号」- 朝日新聞「LGBT司法から支える」2017年4月11日

2017.04.18 PR

『つくられた恐怖の点滴殺人事件』民医連医療書評 - 2017年5月号

2017.04.13 NEWS

【解説】「共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明(2017年2月1日)」

2017.04.10 NEWS

小森榮先生のご逝去を悼む

2017.04.09 NEWS

季刊刑事弁護 各号の特集一覧

2017.04.07 NEWS

和歌山カレー事件で、鑑定人に対して損害賠償を求めて提訴

2017.04.03 PR

『人質司法に挑む弁護』自由と正義書評 - 2017年3月号

2017.03.21 書店向け

『入管訴訟マニュアル[第2版]』宣伝フライヤー

2017.03.21 NEWS

第14回季刊刑事弁護新人賞授賞式開催

2017.03.17 NEWS

最高裁、GPS捜査について初の違法判断

2017.03.15 PR

月刊弁護士ドットコム「今月の関連書籍」で『コンメンタール可視化法』紹介。

2017.03.15 書店向け

『事例で学ぶ障がいのある人の意思決定支援』宣伝フライヤー

2017.03.14 書店向け

『非行少年のためにつながろう!』宣伝フライヤー

2017.02.23 イベント

『非行少年のためにつながろう!』装画家・個展のご案内

2017.01.30 重版

重版出来『弁護のゴールデンルール』11刷

2017.01.16 NEWS

決定!第14回季刊刑事弁護新人賞

2017.01.12 PR

月刊弁護士ドットコム・「新人弁護士におくる分野別オススメ書籍30」で推薦された本

2017.01.12 PR

『もう話そう私と巻原発住民投票』新潟日報書評

2017.01.05 NEWS

『刑事弁護ビギナーズver.2』補遺

2017.01.05 PR

『刑事司法改革と刑事弁護』自由と正義書評

2016.12.21 NEWS

メールマガジンのご案内

2016.12.20 NEWS

季刊刑事弁護 モニター募集

2016.10.20 NEWS

季刊刑事弁護 新人賞募集

2015.12.01 NEWS

『季刊刑事弁護』が第3回守屋賞を受賞