新刊
近刊

死刑執行された冤罪・飯塚事件

久間三千年さんの無罪を求める

死刑執行された冤罪・飯塚事件

有罪の柱になった鑑定の誤りを指摘し、再審決定を求める。

著者 飯塚事件弁護団
ジャンル 法律 > 刑事法 > ブックレット
シリーズ GENJINブックレット
出版年月日 2017/11/20
ISBN 9784877986858
判型・ページ数 A5・88ページ
定価 本体1,200円+税
在庫 未刊・予約受付中

この本に関するお問い合わせ・感想

鑑定の誤りが明らかになった足利事件は再審無罪となったが、無実を訴えていた久間三千年さんは死刑執行された。本書は、有罪の柱になった①血液鑑定、②DNA鑑定、③目撃証言、④繊維鑑定について、その誤りを指摘し、一日も早い再審決定を求める。

※この商品の小社サイトからのご注文には、送料300円と代引き手数料230円がかかります。

【飯塚事件】1992年、福岡県飯塚市で小学生の女児2人が登校途中に行方不明となり、山中でふたりの遺体が発見された。1994年、警察は、科警研の足利事件と同じ手法のMCT118によるDNA鑑定が一致したとして、女児と同じ校区に住んでいた久間三千年さんを逮捕。久間さんは一貫して無罪を主張していたが、福岡地裁は1999年、DNA鑑定に加えて情況証拠を積み上げて死刑を言い渡した。その後、最高裁で死刑が確定した。
 2008年10月、足利事件のDNA再鑑定が行われる目処がついた数週間後、久間さんの死刑が執行された。2009年、久間さんの妻が再審を請求したが、2014年に福岡地裁で棄却された。その即時抗告審で、弁護団は、再審棄却決定の柱であった①血液鑑定、②DNA鑑定、③目撃証言について、あらたな検証実験の成果を踏まえて、その誤りを立証した。

------は じ め に------

 飯塚事件について、無実を訴えていた久間三千年さん死刑が執行されてから9年が経過した。

 死刑判決確定から2年後、再審請求準備中に突如として強行された死刑(2008年)は、遺族にとってはもとより、私たち弁護団にとっても耐え難い苦痛であり、何よりも私たちに悔悟と自責とを迫るものであった。あの時、私たちがもっと早く再審請求書を提出していれば、死刑執行はなかったのではないか、その意味で、私たちの怠慢が死刑執行を許したのではないか、そうした思いから、私は、この9年間を針のむしろに据えられているとの思いを抱きながら、再審に取組んできた。

 本書は、こうした思いで私たち弁護団が取組んできた飯塚事件再審開始に向けての活動の集大成として、飯塚事件の問題点を明らかにしたものである。

 飯塚事件は、死刑執行された再審事件としては、現在係属している唯一の事件である。それだけに、再審開始となり、久間さんの無実が明らかになるということは、国が無辜の国民のいのちを奪ったということになる訳で、死刑制度そのものの存在意義が問われることになることは必至である。

 また、本書をご一読いただければ、この事件の有罪判決の柱とされた科警研のDNA鑑定や血液型鑑定が鑑定写真に加工する等の工作がなされたり、極めて非科学的な方法でなされているということや、目撃証言が警察官の誘導によって作られたものであること等が手に取るようにご理解いただけるのではないかと思う。

 その意味で、飯塚事件はいわゆる冤罪事件の典型的な特徴を備えた事件であり、その再審無罪を勝ちとることは、日本の刑事司法のあり方に大きな一石を投じるものと信じている。

2017年10月

飯塚事件弁護団共同代表 德田靖之

はじめに

プロローグ 飯塚事件のあらまし

第1章 飯塚事件・再審請求審の特徴と求められる審理のあり方
 飯塚事件では、死刑が執行された後に再審を求めている。死刑判決の証拠構造の中核が、犯人のDNA、血液型に関する科警研鑑定と目撃証言だった。再審請求審では、この2つの情況証拠に証拠としての価値が全くないことを論証した。

第2章 DNA鑑定 4つの鑑定データを精査する
 確定審では、捜査段階で実施された科警研と石山教授による4つDNA鑑定の証明力が問題となった。再審請求審(原審)は、確定審が苦しまぎれに有罪の根拠としたDNA鑑定を証拠から排除した。しかし、この鑑定データからは明らかに真犯人のDNA型を読み取ることができる。

第3章 血液型鑑定 真犯人の血液型は何か
 警察は、被害者らの膣内などから採取された血痕の血液型がB型であるとする鑑定結果によって、それが久間さんの血液型と一致したことを根拠の1つに、犯人だと断定した。裁判所もそれを有罪認定の柱とした。しかし、その鑑定手法と判断は本当に正しいのか。

第4章 目撃証言その1 警察官に誘導された供述
 久間さんを犯人とする有罪認定の柱は、被害者の遺留品発見現場付近で目撃した車両の特徴が、久間さんのワゴン車と一致しているとの供述(T員面調書)である。しかし、この目撃証言が取られた経緯を見ていくと、信用性が全くないことが浮き彫りになる。

第5章 目撃証言その2 科学的に不可解なカーブの目撃
 車両の特徴についての目撃証言(T供述)には、他にも不可解な点が多い。山道の下り左カーブを運転中に目撃したとするが、果たして、そんなことができるのだろうか。厳島行雄教授(心理学)らが新たに行った視線実験の結果から、その不可能性を立証する。

第6章 繊維・染料鑑定 情状証拠としての価値はない
 犯行車両の特定にあたって、被害者の着衣に付着していた繊維片の鑑定で、その原糸、染料、配合比などから、マツダステーションワゴン・ウエストコーストの座席シートに使用されている繊維片である可能性が高いとされた。しかし、繊維・染料鑑定は、そのような判断の根拠となりえない。

飯塚事件の経過一覧
コラム/足利事件とは

●久間三千年さんの妻からのメッセージ
必ず無実の人間に手を差し伸べてくれる裁判官に出会えると、心から信じています。

ご注文

1,200円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2017.11.17 イベント

『性犯罪加害者家族のケアと人権』の著者・阿部恭子氏による講演会

2017.11.17 NEWS

決定!第15回季刊刑事弁護新人賞

2017.10.11 NEWS

季刊刑事弁護・単発論文デジタル版を販売開始

2017.10.10 NEWS

季刊刑事弁護 各号の特集一覧

2017.10.10 NEWS

季刊刑事弁護 各号のもくじ

2017.10.05 イベント

〈飯塚事件の再審を求める集会〉が、東京で開催

2017.08.18 イベント

刑事弁護実務セミナー第3回

2017.07.28 イベント

『なんで、「あんな奴ら」の弁護ができるのか?』原画のご紹介

2017.07.20 イベント

『なんで、「あんな奴ら」の弁護ができるのか?』装画家・個展のご案内

2017.07.13 NEWS

「接見禁止撲滅キャンペーン」レポート募集

2017.07.07 NEWS

自民党憲法改正推進本部、「緊急事態条項」を議論

2017.07.05 NEWS

大崎事件再審開始決定で、検察側は不服として即時抗告

2017.06.28 重版

オンデマンド版発売[新着情報]

2017.06.21 NEWS

「季刊刑事弁護新人賞」支援のお願い

2017.06.20 NEWS

治療的司法研究センター設立

2017.06.09 イベント

犯罪学研究センター公開研究会(第4回)7/14

2017.06.06 イベント

えん罪を生まない捜査手法を考える 6/18

2017.06.06 イベント

「共生社会を創る愛の基金」第6回シンポジウム 7/1

2017.06.06 イベント

治療的司法研究センター設立記念講演会 6/10

2017.06.05 イベント

6.11映画上映会&シンポジウム 上原裁判と司法の在り方を考える

2017.05.16 イベント

 <刑事弁護実務セミナー第2回> LGBTと刑事弁護

2017.05.12 NEWS

免田事件——7月で、初の死刑再審無罪から34年

2017.04.18 PR

「季刊刑事弁護89号」- 朝日新聞「LGBT司法から支える」2017年4月11日

2017.04.18 PR

『つくられた恐怖の点滴殺人事件』民医連医療書評 - 2017年5月号

2017.04.13 NEWS

【解説】「共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明(2017年2月1日)」

2017.04.10 NEWS

小森榮先生のご逝去を悼む

2017.04.07 NEWS

和歌山カレー事件で、鑑定人に対して損害賠償を求めて提訴

2017.04.03 PR

『人質司法に挑む弁護』自由と正義書評 - 2017年3月号

2017.03.21 書店向け

『入管訴訟マニュアル[第2版]』宣伝フライヤー

2017.03.21 NEWS

第14回季刊刑事弁護新人賞授賞式開催

2017.03.17 NEWS

最高裁、GPS捜査について初の違法判断

2017.03.15 PR

月刊弁護士ドットコム「今月の関連書籍」で『コンメンタール可視化法』紹介。

2017.03.15 書店向け

『事例で学ぶ障がいのある人の意思決定支援』宣伝フライヤー

2017.03.14 書店向け

『非行少年のためにつながろう!』宣伝フライヤー

2017.02.23 イベント

『非行少年のためにつながろう!』装画家・個展のご案内

2017.01.30 重版

重版出来『弁護のゴールデンルール』11刷

2017.01.16 NEWS

決定!第14回季刊刑事弁護新人賞

2017.01.12 PR

月刊弁護士ドットコム・「新人弁護士におくる分野別オススメ書籍30」で推薦された本

2017.01.12 PR

『もう話そう私と巻原発住民投票』新潟日報書評

2017.01.05 NEWS

『刑事弁護ビギナーズver.2』補遺

2017.01.05 PR

『刑事司法改革と刑事弁護』自由と正義書評

2016.12.21 NEWS

メールマガジンのご案内

2016.12.20 NEWS

季刊刑事弁護 モニター募集

2016.10.20 NEWS

季刊刑事弁護 新人賞募集

2015.12.01 NEWS

『季刊刑事弁護』が第3回守屋賞を受賞