新刊

難民のソーシャル・キャピタルと主観的統合

在日難民の生活経験への社会福祉学の視座

難民のソーシャル・キャピタルと主観的統合

ソーシャルワーカーとして難民支援に携わってきた著者が日本に居住する16人の難民/申請者にインタビュー

著者 森 恭子
ジャンル 法律 > 国際法 > 難民・移民・外国人
出版年月日 2018/03/30
ISBN 9784877986957
判型・ページ数 A5・368ページ
定価 本体5,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

ソーシャルワーカーとして難民支援に携わってきた著者が日本に居住する16人の難民/申請者にインタビュー。
家族、同胞、親切な日本人雇用主、家主等、様々なネットワークの中で経験した生活上の課題と心情をひもとき、福祉実践の示唆を提供する。


 本研究は在日難民及び難民認定申請者(難民/申請者)の生活経験と彼らのソーシャル・キャピタル(SC)に関する研究である。海外では難民のSCが社会統合との関連で研究され、また福祉領域では2000年前後からコミュニティの分野で注目され始めている。しかし、日本では難民のSCと社会統合の研究及び、その両者に関わるソーシャルワーク実践についての研究は発展途上といえる。
したがって本研究は①難民/申請者が経験してきた生活問題・課題及び彼らの心情を明らかにすること、②難民/申請者のソーシャル・サポートネットワーク及びSCの特徴を示すこと、③難民/申請者のSCと社会統合の関係について、彼らの主観的統合(彼らが日本の一員と感じているかどうか)の側面から検討すること、④難民/申請者への福祉実践の示唆を提供すること、を目的とした。研究の方法は、質的研究方法を採用し、日本の関東地域に中長期的に居住する16人の難民/申請者に深いインタビューを実施した。
 先行研究と同様に、本調査結果は、難民/申請者が来日から現在に至るまで雇用、医療、住居等さまざまな生活部面において課題に直面していたことや、入国管理制度の管理下にある支配的な生活状況などを明らかにした。彼らの「生きづらさ」のネガティブな感情が語られ、日本の難民政策への改善が訴えられた。制度のエスノグラフィから考察することで、難民/申請者の制度の適格性のなさや制度間及び制度プロセスの接合点の欠如が、実際的(アクチュアル)な経験が生み出されてきたことを明示した。
 制度から排除された彼らのサポートネットワークの中心は、家族・同胞という同質なネットワークであり、一方、異質なネットワークには親切な日本人雇用主や同僚、家主の存在がみられた。しかし、地域社会の福祉資源はサポート源としてはほとんど機能していなかった。彼らのSCの特徴は「仲間内の結合型SC」(同胞のみの交流)、あるいは「歪んだ橋渡し型SC」(秘密裡な職場や収容所での日本人とのつながり)と名付け整理された。また、SC構築の促進要因を「文化資本」、「社会的基盤」、「制度」としてまとめた。
 SCの豊かさと主観的統合の高さは比例していないようであった。また主観的統合と互酬性の規範も、必ずしも関連があるとはいえず、主観的統合が低くても、互酬性の規範がみられた。
 仮説として、難民/申請者は、制度や援助機関との支配や制約的な垂直的な関係の中で生活し、依存的な生活を強いられ、ネガティブな感情を抱かざるをえない境遇にあったが、水平的及び双方向の関係が活発化すれば、自立的な生活が導かれ、ポジティブな感情や貢献的意識へと転換され、難民及び日本社会全体のSCが豊かになることにつながることを示した。また、福祉実践はそのために寄与できる可能性を十分にもっていることを示唆した。
【第1部】 難民問題の背景・理論
第1章 研究の背景
 第1節 「難民」という対象 「難民」の捉え方
 第2節 日本の難民政策と制度的諸問題 福祉的側面からの視座
 第3節 日本の難民/申請者の生活実態に関する研究
 第4節 諸外国の難民政策 オーストラリアを中心に
 第5節 小括
第2章 理論的枠組み 研究へのアプローチ
 第1節 ソーシャル・キャピタル (社会関係資本)とは
 第2節 社会統合 主観的プロセスとしての統合
 第3節 難民/申請者のソーシャル・キャピタルと社会統合に関する先行研究
 第4節 制度のエスノグラフィ
 第5節 小括

【第2部】 難民の実像―16人の語り
第3章 研究方法
第4章 調査結果 調査データの提示、結果の解釈及び分析
 第1節 難民の生活とソーシャル・ネットワーク
 第2節 難民のソーシャル・キャピタル
 第3節 語りから浮かび上がる難民像 彼らにとって難民とは何か
 第4節 難民の主観的統合
 第5節 二国間の狭間で翻弄される難民
第5章 考察

紙版をご注文

5,500円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2018.07.17 NEWS

季刊刑事弁護 掲載論文一覧(分売・ダウンロード)

2018.07.06 NEWS

季刊刑事弁護 各号の特集一覧

2018.07.06 NEWS

季刊刑事弁護 各号のもくじ

2018.04.04 NEWS

『刑事弁護ビギナーズver.2』補遺

2018.03.30 イベント

刑事弁護実務セミナー第4回

2018.01.31 正誤

『携帯刑事弁護六法2017年版』訂正追録

2018.01.12 NEWS

季刊刑事弁護 新人賞募集

2017.12.27 NEWS

阿部恭子氏が第5回守屋賞を受賞

2017.12.26 NEWS

年末年始・休業日のご案内

2017.12.18 NEWS

季刊刑事弁護・単発論文デジタル版を販売開始

2017.12.14 重版

オンデマンド版発売[新着情報]

2017.11.17 イベント

『性犯罪加害者家族のケアと人権』の著者・阿部恭子氏による講演会

2017.11.17 NEWS

決定!第15回季刊刑事弁護新人賞

2017.10.05 イベント

〈飯塚事件の再審を求める集会〉が、東京で開催

2017.08.18 イベント

刑事弁護実務セミナー第3回

2017.07.28 イベント

『なんで、「あんな奴ら」の弁護ができるのか?』原画のご紹介

2017.07.20 イベント

『なんで、「あんな奴ら」の弁護ができるのか?』装画家・個展のご案内

2017.07.13 NEWS

「接見禁止撲滅キャンペーン」レポート募集

2017.07.07 NEWS

自民党憲法改正推進本部、「緊急事態条項」を議論

2017.07.05 NEWS

大崎事件再審開始決定で、検察側は不服として即時抗告

2017.06.21 NEWS

「季刊刑事弁護新人賞」支援のお願い

2017.06.20 NEWS

治療的司法研究センター設立

2017.06.09 イベント

犯罪学研究センター公開研究会(第4回)7/14

2017.06.06 イベント

えん罪を生まない捜査手法を考える 6/18

2017.06.06 イベント

「共生社会を創る愛の基金」第6回シンポジウム 7/1

2017.06.06 イベント

治療的司法研究センター設立記念講演会 6/10

2017.06.05 イベント

6.11映画上映会&シンポジウム 上原裁判と司法の在り方を考える

2017.05.16 イベント

 <刑事弁護実務セミナー第2回> LGBTと刑事弁護

2017.05.12 NEWS

免田事件——7月で、初の死刑再審無罪から34年

2017.04.18 PR

「季刊刑事弁護89号」- 朝日新聞「LGBT司法から支える」2017年4月11日

2017.04.18 PR

『つくられた恐怖の点滴殺人事件』民医連医療書評 - 2017年5月号

2017.04.13 NEWS

【解説】「共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明(2017年2月1日)」

2017.04.10 NEWS

小森榮先生のご逝去を悼む

2017.04.07 NEWS

和歌山カレー事件で、鑑定人に対して損害賠償を求めて提訴

2017.04.03 PR

『人質司法に挑む弁護』自由と正義書評 - 2017年3月号

2017.03.21 書店向け

『入管訴訟マニュアル[第2版]』宣伝フライヤー

2017.03.21 NEWS

第14回季刊刑事弁護新人賞授賞式開催

2017.03.17 NEWS

最高裁、GPS捜査について初の違法判断

2017.03.15 PR

月刊弁護士ドットコム「今月の関連書籍」で『コンメンタール可視化法』紹介。

2017.03.15 書店向け

『事例で学ぶ障がいのある人の意思決定支援』宣伝フライヤー

2017.03.14 書店向け

『非行少年のためにつながろう!』宣伝フライヤー

2017.02.23 イベント

『非行少年のためにつながろう!』装画家・個展のご案内

2017.01.30 重版

重版出来『弁護のゴールデンルール』11刷

2017.01.16 NEWS

決定!第14回季刊刑事弁護新人賞

2017.01.12 PR

月刊弁護士ドットコム・「新人弁護士におくる分野別オススメ書籍30」で推薦された本

2017.01.12 PR

『もう話そう私と巻原発住民投票』新潟日報書評

2017.01.05 PR

『刑事司法改革と刑事弁護』自由と正義書評

2016.12.21 NEWS

メールマガジンのご案内

2016.12.20 NEWS

季刊刑事弁護 モニター募集

2015.12.01 NEWS

『季刊刑事弁護』が第3回守屋賞を受賞