決定!第15回季刊刑事弁護新人賞

 

このたび、第15回季刊刑事弁護新人賞(協賛:株式会社TKC)が
以下のとおり決定いたしました。

 

最優秀賞 池田真理子(兵庫県弁護士会)

優秀賞  市川耕士(大阪弁護士会)

優秀賞  大沼卓朗(第二東京弁護士会)

 

受賞レポートは加筆修正のうえ、季刊刑事弁護93号(2018年1月発刊予定)に掲載されます。

また、1月27日(土)第15回新人賞授賞式と刑事弁護フォーラムとの共催で

「季刊刑事弁護新人賞セミナー」を開催いたします。

お申込みは、こちらのフォームを印刷のうえ、刑事弁護フォーラム事務局宛てにお送りください。


刑事弁護フォーラム・現代人文社共催/協賛:株式会社TKC

< 季 刊 刑 事 弁 護 新 人 賞 セ ミ ナ ー >

日 時: 2018年1月27日(土)午後3時00分から午後5時45分

場 所: 株式会社TKC東京本社(東京都新宿区揚場町2−1 軽子坂MNビル)2階

講 師: 神山 啓史 弁護士 / 季刊刑事弁護新人賞受賞者弁護士

テーマ: 「裁判員裁判の量刑」/ 新人賞受賞者による事例報告

             ○15:00〜16:00 講演「裁判員裁判の量刑」(仮)

             ○16:15〜17:45 新人賞受賞者による事例報告等

お申込書 http://www.genjin.jp/files/kikankeijibengo/keibenshinjinseminar20180127.pdf


 

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加